スカルプ青汁の効果を実感できる飲み方は?いつ飲めば効き目がある?

スカルプ青汁の効果を実感できる飲み方は?いつどのくらい飲めばいい? スカルプ青汁

育毛剤メーカーと共同開発され、頭皮にいい成分「ヒハツエキス」をふんだんに配合したスカルプ青汁。

青汁ですので、もちろん野菜不足の悩みも解消できます。

飲み続けている方からは髪の毛が太く堅くなったとの口コミが寄せられ、効果を実感されているようです。

そこで気になるのが効果を感じるようになるにはどうやって飲めばいいのかということ?

成分を効果的に取りこんで効果を実感できるためにはスカルプ青汁を一日のうちでいつ飲めばいいのでしょうか?

また、どのくらいの期間を続ければスカルプ青汁の効果を実感できるようになるのでしょうか?

スカルプ青汁の効果的な飲み方について調べていきましょう。

スカルプ青汁の効果を実感できる飲み方は?

突然ですが頭皮は、やはり皮膚の一部です。

生活リズムや食生活が乱れるなど身体の健康状態が悪いと顔色が悪かったり、肌が荒れするの同じように頭皮にも影響が出るものです。

そこで、栄養機能食品のスカルプ青汁を取ることで、頭皮の健康を保つことに期待できるのですが、どうせ飲むのなら効果を実感できる飲み方をしたいものです。

効果を実感できるためには、一日のうちでいつ飲めばいいのでしょうか?

また、どのくらいの期間を飲み続ければ効果を実感できるようになるのかについて詳しく見ていきましょう。

 

どのくらいの期間飲めばいいの?

スカルプ青汁にはスカルプケア成分として注目を浴びているヒハツエキスが含まれています。

このヒハツエキスが頭皮の血流を促すことで頭皮にある毛母細胞に栄養がいきわたることで安全に内側からのボリュームアップに期待ができるのです。

とはいえ、さすがにスカルプ青汁を飲んだからと言って、飲んだ翌日にボリュームアップするわけではありませんよね。

それでは一体どのくらいの期間飲めば効果を体感できるのでしょうか?

 

スカルプ青汁の公式ホームページを調べてみましたが、具体的に何日飲めば効果が出るのかは書いてありませんでした。

 

確かに人それぞれによって効果の出方には違いあると思いますので「〇〇日間飲めばフサフサになります!」なんて言えませんよね。

 

そこで「髪の毛の一生」を理解しておくと、効果を実感できるためにどのくらいの期間続けて飲めばわかるのではないかと思い調べてみました。

 

髪の毛の一生と成長期

髪の毛の一生、つまり髪の毛が頭皮に生まれてから抜け毛として頭皮から旅立つまでの期間、この期間のことをヘアサイクルと言います。

ヘアサイクルは一般的には男性は2年~5年、女性は4年~6年と言われていますが、大きく3つ段階に分けられます。

まず、髪の毛が生まれる毛母細胞が活発に活動する成長期です。

この成長期の活動は約4年ほど続き、この時、一日に伸びる速度は約0.4㎜。1ヶ月で約1.2㎝ほど伸びる計算となります。

 

男性の場合、ヘアサイクルが2~5年ですので、頭皮に現れていないときから毛母細胞の活動は始まっていることになります。

そして、毛母細胞の活性が遅くなる退行期が約3週間ほど続き、その後3~5ヶ月間の休止期を経て抜け落ちてしまうのです。

ちなみに日本人の平均的な1日の脱毛数は約70~100本と言われています。

 

こうやってヘアサイクルをみてみると、髪の毛が成長する期間よりも脱毛にかかる期間がとても短く感じられると同時に成長期が髪の毛にとって大事だということがわかります。

また同時に退行期と休止期は機械的に流れるだけなので毎日約100本近くの抜け毛を止めようと、これらの期間に対して何かをしようとしてもあまり意味がないことがわかります。

 

まずは6ヶ月間試してみる!

つまり、成長期の期間をどれだけ長く保つことができるか、どれだけ毛母細胞に栄養を送ることが重要ということになります。

 

成長期の髪の毛の成長スピードは1ヶ月に約1.2㎝ほどということを考えると1か月では効果を実感することは難しいかもしれません。

ヘアサイクルが短い方でも約2年ですので、2年間飲み続けることでヘアサイクルが整い実感が得られると思われます。

 

さすがに2年間は長い!と思う方はまずは6ヶ月間お試ししてみはいかがでしょうか?

というのも、髪の毛が退行期を迎え、休止期を経て頭皮から抜け落ち、また新しい髪の毛を実感できるまでには約6ヶ月かかります。

そのため、まずは6ヶ月間お試ししてみることをおススメします。

 

一日のうちでいつ飲めばいいの?

スカルプ青汁を飲む時間は特に決まっていません。

いつ飲んでもいいのですが、頭皮の健康不足の要因の一つには食生活の乱れが上げられます。

食生活のなかで一番乱れやすいのは「朝食」です。

朝がなかなか起きれなかったり、会社の出かける時間ぎりぎりまで寝ていたりして、いけないとはわかっていてもついつい朝食を簡単に済ませてしまったり、または抜いたり。

そのような食生活だと、どうしても野菜不足になりがちです。

2019年に厚生労働省が行った国民健康栄養調査によりますと

野菜摂取量の平均値は 281.4g であり、男女別にみると男性 290.9g、女性 273.3g である。
この 10 年間でみると、いずれも有意な増減はみられない。年齢階級別にみると、男女ともに20~40 歳代で少なく、60 歳以上で多い。

という結果になっています。

調査結果によりますと、1日に約350gの野菜を取ることが望ましいとされていますが、特に20代から40代の平均摂取量は男女ともに260g前後であり、4人に1人は圧倒的な野菜不足になっています。

 

そんな忙しい毎日を送り野菜不足の方には朝食代わりに「スカルプ青汁」を取ることをおススメいたします。

スカルプ青汁に含まれている大麦若葉には、酵素やミネラル、またビタミンや植物繊維などがバランスよく含まれているのです。

だから、忙しい毎日の野菜不足の解消にお役立てできるのです。

 

また、スカルプ青汁なら1包ずつ個包装されていますので、スプーンすりきりで何杯などと、いちいちはかる必要はありません。

個包装されているスカルプ青汁の封を切って水などに溶かして飲むだけ。

わずか30秒ほどで野菜不足だった食生活が補われ、頭皮の健康にも期待ができるようになるのです!

 

効果を実感できる飲み方のまとめ

ここまで、スカルプ青汁の効果を実感できるまでには、6ヶ月間は続けていく必要があることが、ヘアサイクルから分かりました。

しかし、6ヶ月間の期間、毎日続けるためには習慣化をする必要があります。

 

人間は一つの行為を2週間続けられることができると習慣化することができると言われています。

とはいえ、新たな習慣を身に着けることは至難の業です。

 

そこで、いま行っている習慣に新たな習慣をくっつけることで新しい習慣もスーッと生活の中に取り込むことができます。

 

例えば、朝食をとるときにスカルプ青汁をお茶代わりに飲むとか、朝に飲むコップ一杯の水にスカルプ青汁を入れて飲むとか、ご自宅で水分を取るときに合わせて飲むことで、毎日の生活の中にスカルプ青汁を取り込むことができるのです。

 

また、スカルプ青汁の口コミでもお伝えしたとおり「飲みやすい」との評判ですので、安心して続けることができます。

 

スカルプ青汁を続けることで、健康への意識や食生活の改善につながるきっかけになればと願っています。

スカルプ青汁「定期コース」に申し込む!

コメント

タイトルとURLをコピーしました